カラーのスナップ

趣味の写真と撮影の記録

M-Rokkor 90mm F4.0買っちゃった。

以前、ブログ「写真を撮る日々」の記事で、ヘクトール135mmの記事を目にした。

この柔らかい雰囲気が、なんともいえなくてヘクトール135mmに物欲を覚えた。

色味は実はレンズじゃなくて、M8の特徴かもしれないけど。

ヤフオクやら中古ややら見てたのだけど、135mmのピント合わせは難しいだろうなと思ってました。

初心者には厳しいかなと思って、90mmに物欲はシフト。

高いの買っても使いこなせそうもないし、かといって傷だカビだもな〜とか思っていたときに、お値段も手頃なロッコール90mmがよいかとの結論となった。40mmは持ってて、甘めの描写が好きだったしね。ヤフオクで、19800送料込み、元箱、説明書、前後キャップ、レンズケース付き、カビ曇り傷なしというのを見つけて、ぽちっとしました。ミラーレスバブルのせいで、全体高目の相場の中では、良品が手に入ったと思ってる。実際、レンズにカビ傷なしだし。やや、フォーカスのトルクが重めなのが気になるけど、個人的には軽いよりよい。被写界深度のメモリを見て頂ければ分かるけど、F4.0の表示が△になっている。これはCLEでなくCLの頃のレンズなんだとか。Made by LEITZの標記もあるしね。ヤフオク購入(失敗が多い)では、めずらしく成功した買い物だった。

2枚目は部屋で試し撮りしたんだけど、いやー、想像以上にピント合わせがシビアです。採光の窓のとこでピントおいてるつもりなんだけど、開放F4.0でとってるせいか、なんかあってる様にみえないなー。

これまた、使いこなすには難しそうだけど、ゆっくりマスターしたいと思う。

M-Rokkorって28mmはレンズに白い泡があったり、カビやすかったりするみたいで状態のいいのを見ないけど、40mmや90mmって比較的程度が良いのが残ってる気がするのはなんでだろう。

f:id:cxx02377:20180423202203j:plain

iPhone 6

f:id:cxx02377:20180423202143j:plain

Leica M-E, M-Rokkor 90mm f4.0